音量の視覚化(再掲)

サウンドの音量(ボリューム)とグラフィックスを関連づけてみましょう。

let sound, analyzer;

function preload() {
 sound = loadSound('test.mp3');
}

function setup() {
  createCanvas(400, 200);
  analyzer = new p5.Amplitude();
  sound.pause();
  sound.loop();
  analyzer.setInput(sound);
}

function draw() {
    background(0);
    let rms = analyzer.getLevel();
    fill(255,0,0);
    ellipse(width/2, height/2, 10+rms*200, 10+rms*200);
}
総合課題2:
上記のサウンド再生ソフトを改良し独自のデザインにする。
ただし以下の機能は全て必ず実装すること。
画面のサイズや画像の配置は自由とする。
・サウンドデータを3種類以上使用する。
・外部から取得した画像(JPEGデータや、PNGデータ)を1種類以上(背景含む)使用する。
・サウンドの音量で独自に用意した2種類以上の画像を変形させる。
・背景画像を用意し配置する。

課題発表:12月16日(木)授業内で発表してもらいます

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です